この現場では

何となく、今は、キャッチャー不備っていうのはあるのよね。
で、またですよ。小林ね。何やらワンバウンドのキャッチングっていうのは、どうも大笑いかぶせるようなああいう取り去り方をしてしまうっていうのは、定めができていないのか?あとは、投手を信じすぎているのかな?という。
眼が悪い投手や、放ることに集中しすぎて、表れを置き忘れる、ちがうことをしてしまうという教えを通しておかないとね。ダメでしょうね。
そういった局面ではないけれども、けん制の表れをだしても打者との遊戯に集中してしてしまい、けん制を忘れて、投球してしまう投手というのもいるし、けん制なんてしんどい。走られても、ランナーを返さなくてもアリでしょ。っておもう投手っているみたいでね。そのあたり、良い意味でですけれども、信用しない振る舞い、そういうことも重要なのかな?ってね。想うのよね。今のプレーヤーってね。信用しすぎかな?というね。コーナーの表れだしても真面目ももらえるくらいでないと。http://xn--jp-mg4apa9fqbyc2ns44w9ewf.net/